万が一の為に備えませんか?ドライブレコ-ダ-のススメ!

今回は安全面のご提案です。

 

最近テレビ等で目にする機会も増えてきたドライブレコ-ダ-の映像。

 

煽り運転や事故の模様が写しだされていますね。

 

この映像が元になり事故の原因なども判明したり煽り運転の検挙にもつながっているようです。

 

このようなことから今やドライブレコ-ダ-は取り付けが必須のようですね。

 

ドライブレコーダーの種類も多数出ていて値段も大きく幅があるようです。

 

ここでドライブレコーダーの選び方のポイントをご紹介いたします!

 

ドライブレコーダーの選び方の主なポイントは、「画質」「画角」「駐車監視機能」の3つです。

 

事故の際に証拠となるドライブレコーダーは、「相手のナンバーが読み取れるかどうか」が重要で

 

そのため、できるだけ画質のよいドライブレコーダーを選びましょう。画質のよさは、「解像度」と

 

「画素数」で表され、解像度は「1920×1080(フルHD)」、画素数は「200万画素」以上を

 

選ぶと良いでしょう。

 

ドライブレコーダーは、撮影できる画角(視野角)が広いほど安心できます。

 

事故は必ず真正面で起こるとは限らず、たとえば斜めから当てられたという事もあると思います。

 

ドライブレコーダーの画角には「水平画角」(横の撮影範囲)、「垂直画角」(縦の撮影範囲)

 

「対角画角」(斜めの撮影範囲)の3つがあります。このうち最も重要なのが水平画角で、

 

できれば108°以上で、さらなる安心を得たいなら

 

120°以上の水平画角を持つ機種がお勧めです!

 

最近人気の高いドライブレコーダーは、2つのカメラで前後撮影ができる製品です。

 

単体のドライブレコーダーは正面方向のみの撮影となります。

 

後ろから追突された場合やうしろからあおられた際には撮影することができません。

 

そこで後ろ撮影用のカメラもSETになったドライブレコーダーを

 

取り付けされるお客さも増えてきています。

 

この他には「駐車監視機能」が付いたドライブレコーダーも増えてきています。

 

駐車場へ停めていた時に当てられた場合などは、動いている相手のクルマが悪いわけですが、

 

名乗り出ないままそのまま逃げられてしまうケースが多いです。

 

駐車監視機能は、いわゆる「当て逃げ」対策のための機能です。

 

駐車監視機能には、衝撃を感知して録画を開始するタイプ

 

常に録画しておいて衝撃を感知すると前後の動画を保存するタイプ

 

動いている物を感じて録画するタイプの3種類があります。

 

事故は、クルマが動いているときだけとは限りません。

 

駐車監視機能付きのドライブレコーダーもオススメです!

 

またドライブレコーダーは事故時の記録ではなく愛車でドライブした時の

 

景色なども記録できる機種もありますので

 

旅の思い出などを残すのもいいかもしれませんね!

 

当店では用途、性能、ご予算に合わせて色々なドライブレコーダーをご提案させて頂いています

 

万が一の為のドライブレコーダー付けませんか?

 

 


関連記事

LINE@

LINE@を始めました。

お得な情報、特選中古車、地元グルメネタなどなど配信を始めます!

ファイブスタ-にちなみ毎月5の付く日に配信する予定です!ぜひ、ご登録ください!

友だち追加

ブログ最新記事

MINIカタログ

フェイスブック

PAGE TOP